PIE COMICS

シネマティック・キャンバス – illustration inspired by a film –23.09.25更新

SHARE ON

『Go!Go!チアーズ』But I'm a Cheerleader

“もう我慢はしない、
「パープル」のステップ

text:sekuda


今回インスピレーションを得た映画は『Go!Go!チアーズ』です。
イラストレーションのテーマカラーは「パープル」。

The movie I chose as the inspirational theme for my illustration is “But I’m a Cheerleader”.
The theme color of the illustration is “purple”.


ILLUSTRATION CONCEPT

クローゼットにしまわれた、象徴的なピンクとブルーのアイテムたち。
2色のカラーを結びつけ、異なるスタイルやアイデンティティの誇りの源となるのが、テーマカラーの紫です。
自分らしさを楽しむことの大切さを伝えます。

ファッションは、ビビッドカラーが印象的な劇中の制服からインスパイア。
彼らの個性に合わせて、制約から飛び出したスタイリングへとアレンジしています。

クローゼットから踏み出した彼らの目前に広がる世界──、
それは、内なる魅力を隠す必要がない世界。


The iconic pink and blue items tucked away in the closet.
Tying the two colors together and serving as a source of pride for different styles and identities is the theme color purple.
It conveys the importance of enjoying one’s identity.

The fashion is inspired by the uniforms in the play, which are strikingly vivid in color.
The styling is arranged to fit their personalities and depicts them in a way that is out of the box.

Stepping out of the closet, the world unfolds before them – a world where there is no need to hide their inner charms.


映画『Go!Go!チアーズ』
原題:But I’m a Cheerleader

ジェイミー・バビット監督による青春ラブコメディ。
人気チアリーダー・メーガンは、突然カウンセラーから彼女が同性愛者だと診断される。
彼女は自覚がないまま、両親によって同性愛更生施設の”トゥルー・ディレクションズ”へと送られた。
キャンプ内のカリキュラムを個性的な仲間と精力的にこなす中で、運命の女の子と出会うメーガン。
次第に自身のセクシュアリティに目覚めていく……。

1999年/94分/アメリカ
配給:ライオンズ・ゲート・エンターテインメント

監督:ジェイミー・バビット
脚本:ブライアン・ウェイン・ピーターソン
製作:アンドレア・スパーリング/リーナ・クリール
登場人物(キャスト):メーガン(ナターシャ・リオン)、グレアム(クレア・デュバル)、クレイトン(キップ・パルデュー)、ヒラリー(メラニー・リンスキー)、メアリー(キャシー・モリアーティ)、他

WEB連載

シネマティック・キャンバス – illustration inspired by a film –

sekuda

SHARE ON